カテゴリー別アーカイブ: 未分類

大学附属中学へ進学するメリット

中学受験の進学先の一つとして常に高い人気を誇るのが大学附属中学です。国立大学附属の場合には教員養成学部である教育学部の附属学校として設置されていることが多く、その場合には極めて実験的な性格を帯びていることがあります。また私立大学の附属中学の場合、附属高校も併設されていることもありますし、その場合には高校さらには大学へとエスカレーター式に進学することも可能な場合があります。いずれにしても大学附属中学校においては極めて高い質の教育が行われていることが大きな特長です。何よりも公立中学校と比較して教員の質が格段に高いことが指摘できます。国立大学附属中学の場合、その大学が設置されている自治体の教育委員会と太いつながりがあり、当地における教育行政を担う優秀な人材が集められ教育方法の開発や学級経営の新たな手法など常に新しい教育のあり方が模索されています。また私立大学附属中学の場合は私立大学を所轄する学校法人の教育理念を具体的に体現すべく、やはり優秀な教師陣が構成され非常に行き届いた教育指導が行われています。また多くの場合、大学附属学校は長い歴史と伝統を有し、卒業生にも著名人が多いことが特徴です。中学受験をしてお子さんがそうした著名人と同じ同窓生となることは他の中学校では得られない名誉なことであると言えるでしょう。中学受験はこのように教育上大きな特長のある学校に入学する機会を得られるチャンスでもあるのです。