中学受験とママ友

 今まで親子共々仲が良かったのに、中学受験を境に気まずい関係になってしまうことは珍しくありません。例えば同じ進学塾に入ろうとして試験を受けたがどちらかが落ちてしまったり、幸い同じ塾に入れても成績の関係上クラスが別になったりすると、少々気まずい関係になります。教育熱心で、親の方が受験勉強に必死なら尚更かもしれません。仲が良かっただけに嫉妬は深いものになります。広い心を持って共に頑張ろうという親もいますが、残念ながらママ友達とそこまでの関係を築くことは難しいのが現状のようです。
 このような場合は、受験が終わるまでお互い距離を置いた関係を保つのが妥当です。子どもの成績の優劣は、「優」の親なら少し気持ちに余裕がありますが、「劣」をつけられた親は、その親にしかわからない気持ちがあります。また、成績がそのまま結果に繋がればよいのですが、合格すると言われていた子どもが不合格で、合格ギリギリと言われている子どもが合格することも考えられるからです。