毎日勉強する癖がついたのでその後も勉強が習慣になった中野(仮名)さんの体験談

中学受験をさせるために、子どもに毎日勉強するようにアドバイスしていました。子供に受験させる志望校の偏差値は、70台前半なのでしっかりと勉強をしていないと合格しないところでした。受験勉強を始めさせた時期は、小学6年生で時間があまりありませんでした。中学受験をすることは前々からわかっていましたが、難関校を目指すことになると思っていなかったので短期間で身に付けるようにしました。家庭教師を雇って、苦手科目を克服した後、塾で偏差値を調べてもらいました。成績が上がって行く事について子どもも喜んでいて、自分の可能性を見つけられたようでした。中学受験を経験した事で子どもが学ぶことを好意的になってくれたところが嬉しかったです。毎日勉強する癖がついたのでその後も勉強が習慣になったことが嬉しいですね。子どもにいろいろと言いたくはないので自分から賢くなりたいと言ってくれるとこちらとしてはやりやすかったです。中学受験で家族の絆も確かめることが出来ました。