進学実績を見て志望校を決め中学受験をさせた北川(仮名)さんの体験談

進学実績を見て志望校を決め、中学受験をさせることを決めました。子どももこの制服が着たいという何とも言えない理由でしたが、私的にはこの中学校に行ってくれると決めてくれただけで嬉しいことでした。中学受験を経験することは大切なことだということを子どもにしっかりと説明しました。子供に受験させる志望校の偏差値は50台後半で、受験勉強を始めさせた時期は小学5年生なのでもう物わかりが良い子でした。進学実績の中に子どもがなりたい夢への進路が続いていたので合格してほしいと塾に通わせました。中学受験を受ける友達はたくさんいて、塾では友達もある意味はライバルでした。わからないところは教え合って、お互いを高めあうことが出来る相手だと子どもが話をしていたので勉強する楽しさも知ってもらえてよかったです。中学受験に必要な費用や知識はこちらで整えていたので、子どもには勉強に集中してもらいました。無事に合格することを願っています。