偏差値60前半の私立中学受験を志望校にしていた長谷川(仮名)さんの体験談

娘は中学受験をして無事志望校に合格することが出来ました。
初めは中学受験など微塵も考えていなかったのですが、たまたま受けた全国模試の結果がとても良く、この成績であれば中学受験をしたほうが良いのではないかと考えたのがきっかけです。
私立中学について調べてみると、学校で勉強をする体制や環境が整っていることがとても良いと思い、思い切って中学受験をさせることに決めました。
実際に受験対策をしだしたのは小学校6年生になってからなのですが、塾の勉強は学校の勉強よりもかなり難易度が高く、娘は慣れるのに一苦労していました。
初めこそとてもつまずいていたものの、塾の先生の教え方がとても良いのか、だんだんと成績が伸び始め、偏差値が60台になっていきました。
その頃には家にいると自然に机に向かう習慣がついていったように感じます。
中学受験は子供にとってはとても負荷がかかることですが、入学してからは少し余裕をもって大学受験に備えることが出来るので、思い切ってさせてみて良かったと思っています。