時代に沿った教育を受けさせるために中学受験をさせることにした宮本(仮名)さんの体験談

教育は、その時代時代によって変わります。
重点を置く科目、分野であるとか、テスト実施の頻度であるとか、教科書、それで足りないなら参考書選びなど変わることでしょう。
そしてその変化を的確に行えるということは、そこで勤務される先生方が優秀且つ教育熱心であることが想定でき、同様の、(学校)法人自体の姿勢も垣間見れるというものです。
すると合格実績も伸びますでしょうし、皆が皆とまでは申しませんが、そういった点にこだわりを見せるご家庭のご子息が集う環境が生まれると考えております。
そういった観点から、私は中学受験をさせるべく、子供に指導しています。
彼は小学5年生から中学受験勉強を始めました。
結果として中学受験校に選んだのは偏差値70台後半の難関校となっています。
その学校はちなみに、多彩なカリュキュラムを持ち、学校設備も実に整った高評価できる中学校です。
子供の成長はもちろん、そういった中学校そのものも是非応援したいですね。