高校3年の1年間を全て大学受験対策に使う事ができるので中学受験をさせることにした望月(仮名)さんの体験談

中学受験のための勉強を始めたのは子供が小学校4年生の時でした。大学進学まで考えると、大学受験対策もしてくれる中高一貫教育の学校に通わせたいと思ったからです。子供自身も、中学受験か高校受験をしなければならないなら先に受験を終わらせて6年間たっぷり勉強や部活を頑張りたいということで、中学受験のための進学塾に通い始めました。
中高一貫校では、高校受験がないことにより高校入試の対策に時間を取られず、6年間の体系的なカリキュラムで学習できることができるのが魅力でした。また、授業時間も多めに取れるので無理なく学習の進度が速まり、高校2年生までの5年間で中高で習う内容を終了し、高校3年生の1年間は演習や志望校別の大学受験対策に使うことができるのも大きなメリットです。大学受験の対策のために学校と塾の2か所で勉強するより、学校で大学受験対策ができる方がうちの子供には合っていると思ったので、ここが中学受験を決める大きな決め手となりました。