中学受験で学べる事:普段から勉強する習慣がつく

中学受験を経験する中でお子さんが学べることは数多くあります。その中での大事なのは、中学受験の勉強を続けることによって、普段から勉強する習慣が身につくということです。普段小学校に通いながらの生活においては、ともすればお子さんは帰宅後に遊びに行ったり、テレビを観たりと、なかなか机に向かわなかったのではないでしょうか。しかし中学受験に取り組み始めてからは、塾に通うにせよ家庭教師とつけるにせよ、あるいは自分で家庭学習に励むなど、その形態はまちまちであるにせよ、決まった時間に決められた分量の学習に取り組む癖がついたことと思います。実は学習には目の前にある与えられた問題や課題を解くことによる直接的な学習だけでなく、日常的な学習を進めるための基本的な心構え、所作、心づもりといった言わばメタレベルでの学習も含まれていて、その一つが学習習慣の獲得ということになります。この習慣は中学受験の成否にかかわらず、お子さんにとっては一生の財産になるはずです。中学受験は結果はともかく、そのプロセスから得られるものが非常に多くあるのです。