中学受験で学べる事:予習・復習の大切さ

中学受験でお子さんが学べることは数多くあるはずです。その一つに、予習・復習の大切さを学ぶということが挙げられます。予習・復習という言葉をよく聞くことがありますが、実際にそれを実践している人は案外少ないものです。予習は、授業が行われるのに先立って、その学習内容を分からない部分があってもざっと事前に学習することであり、予習をやったのとやらないのでは授業の理解度がまったく違ってきます。あらかじめ自分で学習してある内容ならば、授業における先生の説明も分かりやすいものになり、学習意欲が高まるでしょうし、授業自体が楽しくなってくるでしょう。そして、復習はその日学んだことをもう一度振り返る作業ですが、それを行うことによって理解と記憶がなお一層定着することになるのです。この予習と復習の大切は、中学受験の準備を進める中で、お子さんが痛感されることではないでしょうか。特に中学受験では単元の進み方が早くなっていきますので、益々事前学習の大切さを感じ取ることと思います。